• 本人確認書類は何を提出すればいいですか。

    当社で有効な本人確認書類は以下をご確認ください。
    顔写真がついている本人確認書類は1通、顔写真がついていない本人確認書類は2通必要です。

    有効期限がある場合は期限内の書類を、発行日がある場合は発行から3ヵ月以内の書類をご提出ください。

     

    個人

    ■日本国籍のお客様
    顔写真あり(1通)
    ・運転免許証
    ・パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
    ・個人番号カード(裏面不要)
    ・住民基本台帳カード

    顔写真なし(2通)
    ・住民票
    ・各種保険証
    ・印鑑登録証明書
    ・官公庁が認めた証明書

    ■日本国籍以外のお客様
    ・特別永住者証明書

     

    上記が当社で有効な本人確認書類です。他の本人確認書類は受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。なお、ご提出書類が、不鮮明・ぼやけている、見切れている、小さすぎる等の確認が難しい場合は、再度ご提出いただく必要がございますので、十分にご確認のうえご提出ください。

  • 電話番号認証ができません。

    電話番号認証は2通りの方法があります。
    「SMS認証」を選択されショートメッセージが届かない場合は、「電話認証」をお試しください。

    ※電話番号の入力にお間違いがないかもご確認ください。
    ※固定電話は「電話認証」をご選択ください。

     

    【SMS認証】
    ショートメッセージに認証コードが届きます。

    【電話認証】
    登録の電話番号に着信があり、電話をとると自動音声によって認証コードが読み上げられます。

  • 口座開設審査後に郵送物が届きません。

    事前登録では、不備や連絡事項等がなければサービス開始前に審査結果をメール通知し、その後、口座開設となりましたら簡易書留(転送不要)にて郵送物を一斉送付いたします。

    ※不備やその他連絡事項があった際は、メールにてご連絡いたします。
    ※発送完了後に追跡情報をお送りいたします。
    ※郵送物の受取確認が完了するまで利用制限がかかっております。

    サービス開始日が決定いたしましたらホームページ等でお知らせいたします。今しばらくお待ちください。

  • 口座開設の方法を教えてください。

     

    仮登録口座開設申込審査開設審査完了郵送物送付受取入金&取引開始

    ※事前登録は終了いたしました。サービス開始前までに郵送物の発送を予定しておりますのでお待ちください。また、サービス開始日につきましては決定いたしましたらホームページ等でお知らせいたします。

     口座開設フォームはこちら

     

     _____.PNG

    1.仮登録

    ①個人の種別を選択
    ②メールアドレスを入力し「送信する」を押下
    ③指定したメールアドレス宛てにURL付きメールが届くのでURLを押下
    ④パスワードを設定し、約款や利用規約等に同意
    ⑤仮登録完了です

    2.口座開設申し込み

    ①電話番号認証(SMS or 電話認証)
    ②氏名、住所、生年月日等、必要情報をご入力
    ③本人確認書類をアップロード
    ④口座開設の申込は完了です

    3.審査

    当社担当部署にて審査を実施します。
    ※審査状況によってはお時間がかかる場合があります。

    4.開設審査完了

    審査を経て口座開設が完了いたしましたら、メールにて通知いたします。
    開設完了後、登録住所宛てに簡易書留(転送不要)にて郵送物を送付する準備を行います。
    送付完了後、郵送物の簡易書留番号をメールにて通知いたしますので、お待ちください。

    5.郵送物受取

    郵送物の受取確認が完了するまで、サービスの利用制限がかかっております。
    お客様にて郵送物をお受け取りいただき、当社にてその受取確認を行いましたら利用制限を解除し、メールにて通知いたします。


    個人のお客様に「本人確認コード」をご用意しております。
    「本人確認コード」をご入力いただくと、利用制限が解除されますのでご利用ください。

    ※当社にて郵送物の受取確認を行いましたらサービス利用開始手続きを行います。そのため、「本人確認コード」の入力が不要な場合もございます。

  • 「そのメールアドレスは、当社にてすでに他の口座に登録されています」と表示されました。

    お客様ご自身ですでにそのメールアドレスを当社に登録されている可能性がございます。

    そちらのメールアドレスをお心当たりのあるパスワードでログインしていただき、お客様ご自身で口座状況をご確認いただけますでしょうか。
    なお、当社ではお一人様につき1口座でのご利用をお願いしております。すでに口座開設が完了した取引口座をお持ちの場合は、そちらの口座をご利用ください。
    パスワードがご不明な場合は、こちらより再設定を行ってください。

  • 「その電話番号は、当社にてすでに他の口座に登録されています」と表示されました。

    お客様ご自身で他のメールアドレスを当社に登録され、その口座にすでに電話番号を登録されている可能性がございます。

    お心当たりのあるメールアドレスとパスワードでログインをお試しいただき、お客様ご自身で口座状況をご確認いただけますでしょうか。
    なお、当社ではお一人様につき1口座でのご利用をお願いしております。すでに口座開設が完了した取引口座をお持ちの場合は、そちらの口座をご利用ください。
    お心当たりのあるメールアドレスがない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

  • 登録住所とは別のところに郵送物を送ってほしいです。

    誠に申し訳ございませんが、登録住所にて郵送物をお受け取りいただくところまでをご本人様確認とさせていただいております。
    登録住所以外への送付や郵便局留めでの送付は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

    ※事前登録にお申し込みいただいた方で口座開設が完了いたしましたら、サービス開始前までに郵送物を一斉送付いたします。また、サービス開始日につきましては決定いたしましたらホームページ等でお知らせいたします。

  • 本人確認コードとは何ですか。

    ※事前登録は終了いたしました。サービス開始前までに郵送物の発送を予定しておりますのでお待ちください。 また、サービス開始日につきましては決定いたしましたらホームページ等でお知らせいたします。

    サービスの利用制限を解除するためのコードです。口座開設完了後の郵送物に記載されております。
    郵送物の受取確認が完了するまで取引制限がかかっています。ログイン後に利用制限がかかっておりましたら、本人確認コードを入力して解除してください。

    当社では、郵送物をお客様が受け取りになられたことが確認され次第、お客様のステータスを登録済みに変更しております。そのため、本人確認コードの入力が不要な場合もございます。サービス利用開始手続きを行い、完了次第、メールにてご連絡いたしますのでお待ちください。

     

    サービス利用開始時に送られるメールの件名は以下のとおりです。

    「【TAOTAO】サービス利用開始のお知らせ(郵送物受領確認済)」

  • Y!IDとは何ですか。

    Yahoo! JAPAN IDは、Yahoo! JAPANが提供するサービスを利用するためのIDです。
    Yahoo!メールやYahoo!ボックスなど、ログインが必要なサービスを利用する際、パスワードなどと組み合わせて入力します。
    Y!IDをお持ちであれば、Y!IDで口座開設を行うことができます。

  • マイナンバーは必要ですか。

    ご提出は必要ございません。
    マイナンバー(個人番号)が記載されている本人確認書類をご提出いただく場合は、数字12桁が見えないように伏せてご提出ください。

  • 家族の名義で口座開設をしてもよいですか。

    当社サービスのご利用は、口座名義人ご本人様のみのご利用とさせていただいております。
    ご家族でのご利用が発覚した際にはご利用をお断りさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

  • 20歳未満でも口座開設はできますか。

    誠に恐れ入りますが、20歳未満のお客様のお申し込みは受け付けておりません。

  • 外国人PEPsとはなんですか。

    外国人PEPs(重要な公的地位にある者(Politically Exposed Persons))とは、下記に該当する方をいいます。

    (ア) 外国の元首
    (イ) 外国において下記の職にある者
    ① 我が国における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
    ② 我が国における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長又は参議院副議長に相当する職
    ③ 我が国における最高裁判所の裁判官に相当する職
    ④ 我が国における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
    ⑤ 我が国における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長又は航空幕僚副長に相当する職
    ⑥ 中央銀行の役員・予算について国会の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員
    ⑦ 過去に①又は②であった者
    ⑧ ①~③の家族
    ⑨ ①~④が実質的支配者である法人